学長あいさつ

京都府立大学 学長 築山 崇
京都府立大学
学長 築山 崇

 京都府には、森・里・海の豊かな自然と、自然とともに生きる知恵と工夫が蓄積されてきた独自の歴史と文化があります。それらは一様ではなく、地域ごとに、また、そこに暮らす人々の工夫によって多様な文化が生み出されてきました。
 日本は長らく、経済発展中心の社会づくりに奔走してきましたが、大きな自然災害やエネルギーの問題に直面する中で、わたしたちの暮らしを根っこから支えてくれている、大きな自然や大地、海辺の存在にようやく気がつき始めたのではないでしょうか。
 本学は創立120年の豊かな蓄積のもと、内外の文学や文化・歴史、生命とその環境、福祉社会と公共政策など、人間の豊かな生の実現に関わる諸科学・専門分野で、その先端を切り拓く研究と教育に力を注いできました。教養教育においては、京都府立医科大学、京都工芸繊維大学との共同による多様な科目とアクティブな学びとあわせて、京都の歴史・文化、自然、産業などを対象とした「京都学」、京都府を主なフィールドとする「環境共生教育演習」などの地域志向を織り込んだカリキュラムを展開しています。
 また、府内大学と連携した地域公共人材、グローカル人材の育成も進めています。公立の大学として、京都府はじめ自治体・企業等の支援、協力のもと地域に貢献する大学づくりをめざし研究と教育を重ねてきました。
 これらの活動により京都府内の各地域で活躍される様々な分野の方々とのつながりができ、貴重な学びの場となっています。この地域の人材ネットワークを「地域創生COC+人材バンク」として大学教育のしくみに取り入れ、学生たちが自分の将来の進路や生き方を考える上での有益な教育の場として「地(知)の拠点」の構築をめざし、「京都の地域創生」「地域創生フィールド演習」など新たな教育プログラムの開発を進めていきます。
 学生生活は、人間として社会で生きる基本を学び、自分の潜在的な能力を発見し、自分らしい生き方を探求することが許される貴重な期間です。学生たちが大学での学びの集大成として、「地(知)の拠点」で大地に根を下ろして生きる人たちを訪ね、その知恵と工夫に学びながら地域の皆さんと交流、協働し、若者らしい感性と発想で新たな生活スタイルや産業を創造していくことが できれば、これからの未来社会づくりがよりよいもの(well-being)になっていくと期待します。

溝尻の舟屋調査 舞鶴のジャムづくり 峰山のこまねこまつり 美山の里山暮らし 上世屋の稲刈り

地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)

 大学が地方公共団体や企業等と協働して、学生にとって魅力ある就職先の創出をするとともに、その地域が求める人材を養成するために必要な教育カリキュラムの改革を断行する大学の取組を支援することで、地方創生の中心となる「ひと」の地方への集積を目的として「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」を実施するもの。

地の拠点ロゴマーク

WEBSITE MENU

Copyright© 2017 京都府立大学地域連携センターCOC+. All Right Reserved.