お知らせ+ NEWS & EVENTS INFORMATION |2018年2月 

2018.02.15 “暮らしのかんじきづくり”記録動画公開

 

COC+学生チーム”が作成した“暮らしのかんじき”の記録動画をご紹介します。

雪国での暮らしには欠かせない“かんじき”

雪に埋もれないように足に履く道具の名称です。

201711月には“ガヤ”と呼ばれる樹の枝を山から切り出し成型、20181月には成型したガヤをヒモで組み完成させました。

上世屋集落は例年通りの大雪…。

学生が訪れた日は積雪80cmでしたが、その後2m近くまで積もったそうです。

NPO法人里山ネットワーク世屋の拠点“ぶーたん”も、約2ヶ月の間にその様相をすっかり変えていました。

普段、京都市内にいては体感できない雪国の暮らし。

季節と景色の変化と共に、その“里山の暮らしの知恵と技”を記録に残しました。

どうぞご覧ください。             

COC+学生有志チーム/暮らしのかんじきづくり

 

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2018.02.15 “暮らしの柿渋づくり”記録動画公開

 

COC+学生チーム”が作成した“柿渋づくり”の記録動画をご紹介します。

20178月~11月にかけて、NPO法人里山ネットワーク世屋の主催で宮津市上世屋において開催された“暮らしの柿渋づくり”講座に参加し、その様子を1本の動画にまとめました。

 

上世屋集落の立派な柿の木から柿を“ぼる”ところから、絞り、中間管理、作品づくり…と3ヶ月にわたる過程が記録されています。

柿渋は近年、天然の防腐剤としても価値が見直されている里山の知恵と技の結晶…。

しかし、天然の柿から手間と時間をかけて作る過程はなかなか見られるものではありません。

学生の目線で感じた“里山の暮らしの知恵と技”

ぜひご覧ください!

 

*動画はyoutubeからご覧いただけます。

COC+学生チーム/暮らしの柿渋づくり

 

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

2018.02.13 COC+演習プロモーションビデオ ~野山のくらし海の暮らし~ 公開!

 

京都府立大学COC+には、“COC+学生チーム”という名の学生有志のチームがあります!

夏休みに地域創生フィールド演習に参加した6名のメンバーが、自分が行った演習先での様子を動画におさめて、地域をアピールするプロモーションビデオを作成してくれました。

宮津メディアセンターでの演習で本格的に動画制作と編集を学んだメンバーを中心に、テーマを決め、流れを組み立て、ナレーションを練習し…

「ああでもない、こうでもない…」なんて、毎週のように集まり作業をした成果あって、演習の魅力、おすすめ、そして美味しさが伝わる動画となりました。

 

お互いに自分の体験を伝え合ったり、写真を整理したりと、自分の学びを振り返るきっかけにもなったようで、メンバーは京都府中北部での活動にも興味を持ち続けています。今後の活躍にも期待!

 

また演習PVは「京都の地域創生」の最終講義でも紹介し、後輩に演習の魅力を伝えてくれました。

来年度もたくさんの学生が足を運んでくれることに期待しています!

 

*動画はyoutubeからご覧いただけます

COC+演習 ~野山のくらし、海の暮らし~ 

 

Facebooktwittergoogle_plusmailFacebooktwittergoogle_plusmail

WEBSITE MENU

Copyright© 2019 京都府立大学地域連携センターCOC+. All Right Reserved.